エントリー

カテゴリー「映画感想」の検索結果は以下のとおりです。

2019.06.07 [Mon]

最近気の向くままに描いた絵。

 

ナマケモノリュック(生)

nama.jpg

この世で最も解脱に近づいてる生き物のひとつだと思います。

 

「ボーダーライン:ソルジャーズデイ」のアレハンドロ。

sicario.jpg

似てなくてつらい……もさもさ度が足りなかったか。

フロントガラス越しに無言で睨まれるシーンがめちゃ怖くて好きです。

 

デル・トロおじさんつながりで「ロープ」も見たんですけど、これも良かった~。おじさんもさもさ度3割増し。

戦闘行為なしに戦争というものを描いていて考えさせられました。エンディングがまた味が沁みてよい。

2018.06.16 [Sat]

くそ渋カッコいいポスターに惹かれて「孤狼の血」を観ました。

バイオレンス映画は見慣れてるつもりでしたが、それでもウッと息詰まらせてしまうようなエグシーンもありつつ絶妙なユーモアもあり、王道の師弟愛的魅力を存分に発揮させて怒涛のカタルシスを与えてくれるという……憎たらしい!けどもう一回観たい!と思わせてくれる映画でした。「凶悪」も味わい深い映画だったけど、面白さと浪漫でいえば圧倒的に「孤狼」ですね。

思い返していい絵だったな~と思うのは、やはり大上と日岡が差向いで飲む長回しワンカットのシーン。背景にいる人の演技含めて印象深い。あと生首掘り返すシーンのガミさんのセリフの呉弁が何だか小気味よかった。

主役陣の存在感はもちろん、若手俳優もキャラ立っててよかったです。特に養豚場の息子役は色んな意味で演じるのが大変そうだ。お疲れ様の飴ちゃんあげたい。けど総じて演者みんな楽しそうにやってたなぁ。

 

pixivのFANBOXをひっそり公開しました。投げ銭して頂けると原稿の密度が増すかもしれません。

あとBOOTHの商品もちょっと増やしました。四角い缶バッチいろいろです。

2018.03.17 [Sat]

「シェイプ・オブ・ウォーター」観たよ~良かったよ~という話。

映画内のテーマというか価値観はギレルモ監督が過去作で繰り返し表現されていたことではあるけれども、これまではわりと悲劇的な終幕のイメージであったのに対し、「シェイプオブウォーター」はかなりハッピーエンド感あふれるイメージであったのが革新的だったなぁと思いました。

ギレルモ作品の中では「デビルズ・バックボーン」の次に好きなやつになりそうです。

2017.09.20 [Wed]

カムイカル【雀の章】をUPしました。

あと1話で完結だ~がんばります。ラストはりょうのお話です。

 

「鬼龍院花子の生涯」を観ました。素直に号泣です。仲代達矢さんの情熱的な演技に完全に飲み込まれざるを得ない。二百三高地のときと正反対じゃん!

下手なその辺の感動系ドラマよりも「親子とは何か」というテーマを深掘りしていて感銘を受けました。

とはいえ、鬼政のような怪人物は昭和という時代とともに滅ぶべき人物だし、映画自体もあの年代にしか生み出せなかった時代の落し子であると思います。

2017.08.27 [Sun]

神鳥<カムイカル>橿鳥の章をUPしました。

アイヌ神謡にはミヤマカケスが神様を説得して人の飢饉を救ったという話があり、雄弁な鳥といわれているそうです。

 

11/23(祝金)のCOMITIA122に申し込みました。

cut1123.png

カムイカルのまとめ本と、表紙絵をつかったカレンダーを頒布する予定です。

10月中には5話UPと発行物の告知ができたらいいなぁ…。

 

トムクルーズの「コラテラル」おもしろかった。ラストがすばらしいハードボイルド。

ついでに見た「ナイト・アンド・デイ」もこんなにイカした映画を今まで知らなかったなんてくやしい!トムクルはヒーローじゃなくてヒロインだった……。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

Author

  • 黒枝冬馬(クロエトーマ)

twitter.jpg PIXIV

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed